兵庫県社会福祉協議会 ひょうごの福祉

検索について

「福祉」などの検索語を入力し、検索(虫めがね)ボタンをクリックしてください。

文字

  • 中
  • 大

背景色

  • 白
  • 黒
  • 黄

新型コロナウイルス関連情報

令和4年9月12日現在

兵庫労働局・ハローワークが実施する、求職者支援制度の情報は こちら

1.新型コロナウイルス特例貸付について

特例貸付の申請受付期間は次のとおりです。
申請受付期間:令和4年9月30日までとなっています。

貸付期間終了に伴う貸付申請の受付についてお知らせ
令和4年9月30日で特例貸付の受付期間終了に伴い、緊急小口資金・総合支援資金の新規申請受付について、以下の通りの対応となります。

※9月14日(水)以降については、緊急小口資金または総合支援資金について、希望するどちらか一方の借入申込が可能となります。

※総合支援資金の3か月を超える貸付について、令和3年3月末までに初回貸付を申請した方の延長の申請受付期間は、令和3年6月末までで終了しました。

※総合支援資金の「再貸付」の申請受付期間は、令和3年12月末までで終了しました。

!特殊詐欺にご注意ください!

第三者から特例貸付を紹介され、申請書の記入代行により申請し送金された後に、手数料(紹介料)を求められる、いわゆる特殊詐欺が発生しています。
当貸付は本人以外からの申請代行は認められていません。特殊詐欺が疑われる場合や被害にあった場合は警察並びに兵庫県社会福祉協議会に相談・連絡してください。

厚生労働省https://corona-support.mhlw.go.jp/fraudcaution/index.html

制度概要について

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業等により収入が減少した世帯を対象として、生活福祉資金貸付制度の特例貸付を行っています。

特例貸付の全体概要はこちら(PDF)

緊急小口資金のチラシはこちら(PDF) 
総合支援資金(生活支援費)のチラシはこちら(PDF)

令和4年4月1日以降より、据置期間は基本「令和5年12月末」までとなります。

新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」(給付)について

 政府が令和3年5月28日に発表した「生活困窮者自立支援金」は、「特例貸付について、総合支援資金の再貸付まで借り終わった世帯等で一定の要件を満たす生活困窮世帯に対して支給する」ことが決まっています。
 実施主体は、社会福祉協議会ではなく、福祉事務所設置自治体です。社会福祉協議会で手続き方法等の詳細は分かりかねますので、次の窓口にお問合せください。

生活困窮者自立支援金に関する問合せ窓口
(厚生労働省コールセンター)
0120-46-8030
受付時間 9:00〜17:00(平日)
生活困窮者自立支援金に関する厚生労働省資料(PDF)
特設ホームページ:https://corona-support.mhlw.go.jp/

兵庫県内の生活困窮者自立支援金窓口 https://web.pref.hyogo.lg.jp/kf03/jiritsushienkin.html

据え置き期間の延長と償還免除について

特例貸付 償還免除の取り扱いはこちら(令和3年11月現在)(PDF)

特例貸付 返済開始(据置期間)の延長に関する案内はこちら
日本語(PDF)
多言語(PDF)(英語・English、スペイン語・Español、ネパール語・नेपाली、ポルトガル語・Português、ベトナム語・Vietnam)

※現時点で返済が始まっていない方の返済開始時期が、令和5年1月以降となりました。対象となる方には兵庫県社会福祉協議会が郵送にて詳細をご案内いたします。

相談窓口について

厚生労働省 
緊急小口資金・総合支援資金相談コールセンター
0120-46-1999
受付時間 9:00〜17:00(平日)
厚生労働省_パンフレット改訂版はこちら(PDF)

兵庫県社会福祉協議会 
特例貸付コールセンター
0120-552-039
受付時間 9:00~17:00(平日)

貸付制度の相談・申し込み窓口は、お住まいの市区町の社会福祉協議会となります。

相談窓口・連絡先はこちら(PDF)

特例貸付にかかる送金について

  • 申請件数が大幅に増えており、審査・送金の事務が大変込み合っている状態です。
  • お急ぎの旨は承知しておりますが、なるべく早く皆さまに送金するためにも、個別の審査状況や送金予定日のお問合せにつきましては、ご遠慮いただきますようお願いいたします。
  • なお、送金までの目安は、窓口より送付された申請書類を本会で受理した後、緊急小口資金については10営業日程度、総合支援資金(初回・延長)は3週間~1か月程度、貸付決定・送金までにお時間をいただいています。

居住確認について

  • 本会からの郵送物は、借入申込時に届け出た住所にのみ郵送し、郵便物の転送等は一切行いません。
  • 貸付期間中に転居された場合は、県内外問わず速やかに転居について届け出るとともに、現住所における世帯全員分の住民票を提出するなど、必要な手続きを行ってください。

2.【兵庫労働局・ハローワークから】求職者支援制度について

求職者支援制度は、再就職や転職を目指す方が、生活支援の給付金(月10万円)を受けながら、無料の職業訓練が受講できる制度です。職業訓練の開始前、期間中、終了後までハローワークが就職活動をサポートします。詳細は、バナー(兵庫労働局のホームページ)をクリックしてください。


3.兵庫県社協の事業について

令和2年の緊急事態宣言の発令以降、兵庫県社協では、会議・研修・イベント等の各種事業について、新型コロナウイルスの感染予防に配慮しながら実施しています。感染拡大状況などによっては、予定を変更する場合もありますので、各事業の担当部署からの連絡にご留意ください。
また、令和3年度の機関紙「ひょうごの福祉」は、隔月発行(奇数月の15日に発行)とさせていただく予定ですが、引き続きご愛読いただきますようお願いいたします。

下記の部署の事業に関しては、それぞれ専用ホームページをご確認ください。

兵庫県福祉人材研修センター

ひょうごボランタリープラザ